占いの起源と歴史

インターネットが普及している今、占いはネット上で誰もが気軽にできるものとなっています。しかし、占いは遥か古代より存在していたことをご存知でしょうか?現在様々な占術がありますが、その起源は一体どんなものだったのでしょうか。

今回は、現代の占いに繋がる起源とその歴史についてご紹介します。

占星術は西洋が発祥の地

世界最古の文明である古代メソポタミア文明には、既に星を読む天文知識によって占いが行われていました。星座占いなど占星術の起源が、これに当たります。この文明で既に占いが存在していたことから、もしかすると文明誕生以前より占いが行われていたのかもしれません。

文明が進むにつれ、星の動きを読むだけでなく、虹や雲などの自然現象、動物の行動などからも占いを行うようになりました。古代から、占いは未来の予兆を知る方法として盛んに行われていたのです。

日本は占い先進国

日本は古代より世界中でも有数の占い大国で、占いを信じる人も多いと言われています。弥生時代から、古代中国で用いられていた「太占」や「亀ト」という占術が盛んに用いられていました。

その占いは未来の予兆を知るだけではなく、政治にも利用されていました。平安時代になると、天文や占いなどを司る専門の公的占い機関まで設けられ、陰陽師と呼ばれる占い師が人気を集めていました。この頃主流だったのは、昨今の風水占いや四柱推命の期限となる占いです。

占いの道具も崇められていました

占うだけではなく、昔はその道具も重要な意味を持っていました。例えば、風水占いで使用していた水晶玉は、神社に奉納されたりご神体にされたりといった例もあります。

占いは、神の意志、天意を知る重要なツールとしての役目も果たしていたのです。

身近になった占い

現代の占いは、特別な知識がなくとも誰でも手軽に行えるものとして興味を持つ人が多いです。しかし、昔の占い師は政治に関わるほど重要な存在でした。これを知っていると、今までとは少し違った目線で占いを見ることができるかもしれません。

関連記事一覧: