タロット占いで分かること

タロットカードは、今や名前を聞いたことがない人はほとんどいないほど広まり、人気となっている占いの一つです。カードを使って占うのは分かるけど、一体何が分かるの?とあまり内容については知らない人も多いのではないでしょうか。

今回は、タロットカードとは何なのか、何を知ることができるのかをご紹介します。

タロットカードとは

22枚の大アルカナと56枚の小アルカナの合計78枚から構成されます。それぞれのカードには象徴的な意味があり、さらに1枚のカードでも複数の意味を持ちます。一般的な本屋でも売られているタロットカードですが、きちんとした知識がなければ意味を読み取るのは難しいとされています。

占い方も様々で、カードを1枚使うものから複数使うもの、同じ枚数でも展開法が異なるなど、タロットカードはとても奥が深い占術と言えます。

占える内容は幅広い

タロットカードは、その意味の多さから、大抵のことは占うことができます。ただし、人の命に関わることや予言のようなこと、ギャンブルに関係する事象についてはお断りしている占い師が多いです。

占う内容は、具体的なことであっても曖昧なものでも、どちらでも可能です。二者択一の決断を出すアドバイスをしたり、人の潜在意識を読み取ることで複雑な問題にも威力を発揮します。

占いで先を知ることができる期間は案外短い

一般的に、タロット占いでみることができるのは三ヶ月ほど先から半年くらいまでだと言われています。人生の全体的な流れや運勢をみるのには向かないでしょう。信頼できる占い師に定期的に先をみてもらうのが良いと思います。

全体的な運勢は分かりませんが、現時点で予想される未来や、未来に向けて現在どのようにすれば良いかといったアドバイスを受けることはできます。また、自分ではない第三者の事を占うこともできます。

占い師の技術力が重要です

今ではいろいろなところで見かけるようになったタロットカードですが、その占いには非常にたくさんの経験や知識が必要な占術です。正しい結果を得るためにも、信頼できる占い師に依頼すると良いでしょう。

関連記事一覧: